― 瞑想・心理・アファメーション・カウンセリング・願望実現・問題解決 ―

瞑想とは?

 
運動が「体を鍛える手法」ならば、
瞑想は「心を鍛える手法」の一つです。

体を鍛える運動にも、サッカー・野球・水泳、などあるように、
心を鍛える瞑想もまた世界各国に多種多様あります。

・座禅、ヨガの瞑想
・イメージ トレーニング
・治癒の補助
・禁煙、禁酒、美容
・願いを叶える瞑想
・神への祈り、etc

各瞑想は、それぞれの目的を達成するために練られています。
 

なぜ多くの 瞑想法があるの?

 
20世紀の後半、心理学、生理学、脳科学、テクノロジーの発展が、
新たな瞑想法を誕生させてきました。

また、文化人類学者の地道な調査により発見された
「未開地におけるシャーマニズム」なども、
我々が「瞑想」と呼ぶ枠組みを日々拡張し続けています。

さらに、歴史のある瞑想法は、時代を経る中で枝分かれもし、
新たな技法を誕生させてきました。
 

瞑想法の変化は なぜ起こる?

 
我々が「伝統的」と呼ぶ瞑想法の誕生した背景には、
各時代・地域のニーズがあり、各瞑想法は、
それらを満たす方向で発展していったのです。

しかし社会の発展・変化に伴い、新たな問題・悩みは生じるもの。
各瞑想法はそのとき、
大別して次の二つの対応を迫られます。

・それを解決する方向で、規則や戒律などを変化させ、
 柔軟に対応・拡張していく

・逆に、「伝統を遵守すべき」との主張から、保守的になっていく

このような主張の変化が派閥を生み、
瞑想の技法にも影響を及ぼしていくのです。
 

瞑想法の変化

 
仏教を例とれば、開祖ゴータマ・シッダールダ(仏陀)の
入滅約100年後に、それは起こりました。
資料に寄れば、当時、サンガと呼ばれる仏教の戒律を確認する会合では、
主張の対立から二派が起こったとされています。

・上座部に位置する年長者を中心とした“戒律厳守”をとなえる派閥

・布教の実践に都市へ入って行った若者を中心とした、
 「現場の変化(都市の発展)にともない、戒律を変えるべき」と
  “柔軟路線”を主張する派閥。

その争いは決定的となり、いわゆる上座部仏教(小乗)と、
大乗仏教に大別した歴史があります。
 

いろいろな瞑想法

 
仏教に限らず、あらゆる組織内では、時代の変化に伴い、
保守・革新の対立の構図は
必ずといってよいほど見られます。

時代の変化にともない、形骸化していく瞑想法。
その結果、時代のニーズを
補完するために新たに生まれる瞑想法。

また、文化(民族・地域・時代・社会性)の違いを考えれば、
実に多種多様の瞑想が
各地に存在するのがわかります。

時代のニーズに合わせて誕生し、
発展途上にある瞑想も多いのです。

 

どれが本物の 瞑想法?

 
「どれが本物の瞑想か?」と問うのは、
「数あるスポーツの中で、どれが本物のスポーツか?」
と問うのに似ています。
各瞑想はバリエーションの一つと言えます。

瞑想は、発生の歴史において、
宗教と密接な関係がありますが、
上記のような現状から、
瞑想の捉え方も昔より広義に解釈できるしょう。
 

瞑想とは

 
方法の違いはあれど、瞑想の目的は、
自分の「心の動き」を、そこから離れて「メタ視点で観察」すること、
それが基本です。
そこから様々な気づきが生まれます。

瞑想とは、「心の動き」を観察し、
心を主体的にコントロールするための手法です。