瞑想教室 report

Member_report_12

いいとこ探し


 

瞑想教室に来られているHatosimaさんは2005年現在、PTA会長もされています。今年の卒業式には、祝辞を述べられました。その文言は型にはまらず、自分スタイルを確立されており好評でした。そこで掲載依頼をしたところ、快諾して頂きました。

卒業生に贈る言葉

三年生の皆さんご卒業おめでとうございます。保護者の皆さんおめでとうございます。また、3年間熱心にご指導頂きました先生方有難うございました。
みなさんにとって今日は福中生として最後の日です。3年間でいい思い出がたくさん出来たことと思います。しかしながら、いやな事も数多くあったのではないでしょうか。今から少しの間、新生活で前向きになれるコツを伝えたいと思います。


前向きに毎日を過ごす方法は「いいとこ探し」をすることです。自分のいいところ・家族のいいところ・友達のいいところ・福田中学校のいいところを探してみてください。そんなのないや、とあきらめずに探す努力をしてみてください。どんな些細なことでも構いません。当たり前だと見過ごしていることこそしっかり思い出してほしいのです。

中学校を無事卒業できてよかった。いいクラスでよかった。いい友達がいてよかった。自分のことなら、部活をがんばれてよかった。友達に親切にできてよかった。勉強をがんばれた。好きなことに熱中できた。元気に休まず学校に行けた。なんでもいいです。


私の場合、いいところを見つけてそれを思い出しているとき、「あー良かったなあ」と心の中が温かくなる感じがします。このとき、嫌なことは忘れています。心配や不安に囚われていません。楽しい感じがするので、よーしやってみようと様々なことに対してやる気がでてきます。また同時にやさしい気持ちになっているので、思いやりを持って周りの人に接することができます。これは私個人の経験なのですが、きっと皆さんも同じように感じることができると思います。


私の今日のいいところは「お祝いの言葉をうまくいえる」ことです。こんなに多くの人前で話すのは年に数えるほどしかありません。しかも、卒業式という改まった場です。今も心臓がバクバクと大きくなっています。とても緊張しています。でもこれが終わったとき、「大勢の前で自分の思いを上手く伝えることができた。」と自分のいいところを再確認し「えらいえらい」と心の中で自分を褒めるつもりです。

些細なことですが、これを繰り返していくと、ますます自分が好きになり「自信」も生まれてきます。そして、様々なことに積極的に取り組めるようになっているのです。いいとこ探しが、前向きな自分になれる裏技なんです。

人間は不安なことを考えるのは得意です。知らず知らずのうちに心配事で悩んでいます。だからこそ、いつでもいいところを探しをして、心を前向きな状態にしていくことが大切だと思っています。


今日、一人になる時間があるとき、是非「いいとこ探し」をしてみてください。そしていい気分に浸りましょう。皆さんがいつも前向きに取り組み、夢を実現していく人になれることを願ってお祝いの挨拶と致します。ありがとうございました。



作者が、自らの弱さも隠さずに出しながら、なお前向きに生きる姿勢が伝わってきますね。伝達することを考えたとき、説教くさくない表現は、今の時代に必須と思います。

去年もスピーチされたのですが、ご本人曰く、「今年は悩む間もなく、原稿がスッとできた。いつも考えていることを、ただ言えばいいって気づいた」。セレモニーだから…と飾ることなく、「ご自分の日常の生き方」を自然に話せたのが、自分らしい表現になったのですね。それも、「いいとこ探し」の成果でしょうか? PTAのお役目、お疲れ様でした。

作者は、神戸市西区で、 自立学習館 という塾をされています。ホームページもリニューアルされました。塾通信のメルマガをまとめた「自立学習館通信」が面白いです♪sada  


ボイジャーエクセルプロテウス(瞑想マシン)瞑想CD

Copyright 2004 Sada Consciousness Laboratory ; 瞑想で願いを叶えよう!意識と瞑想
意識と瞑想Home 
       Members_report_12