― 瞑想・心理・アファメーション・カウンセリング・願望実現・問題解決 ―

佐田意識研究所のホームページへようこそ!

佐田意識研究所は、佐田弘幸が設立した、私設研究所です。
>> 佐田意識研究所 概要

瞑想、アファメーション、心理学、
コミュニケーション学、宗教、脳科学…
あらゆる観点から人間の「心」「意識」などを研究し、
情報を発信しています。

また、講座やカウンセリング、セミナーを通じ、
みなさまの問題解決・目標達成のお手伝いもしています。

佐田意識研究所って何をしているの?

設立当初は、瞑想の研究・指導がメインでしたが、
研究・活動内容も多岐に渡るようになってきました。

その中で、佐田弘幸が考案したコンテンツ・方法論を、
総称して「ゼロ思考メソッド」と呼んでいます。

瞑想の研究・指導

私はインスピレーション開発をきっかけに瞑想を始めました。
その有効性、不思議な体験などから興味が深まっていき、
どんどんのめり込んでいきました。

心の奥深くに入っていくことで、
「真実とは」「意識とは」…そういうものが、
神秘体験とともに見えてきました。
瞑想は、今の仕事をするようになった、原点ともいえる分野です。

アファメーション作成の研究・指導

瞑想中に、私は「アファメーション(自分に宣言する言葉)」
を唱えていました。
“唱えたことが実現する” という体験を通して、
「変性意識状態の活用」「アファメーションが実現するのはなぜか」
ということも探求するようになりました。

アファメーションはアメリカが発祥であり、
アメリカ人の気質に合った
「ポジティブな言い切り方」をするのが主流でした。

そのようなアファメーションを同じようにを唱えても、
唱えたことが実現する人、しない人、
唱えることで逆にしんどくなる、という人もいました。

そこで「(通常のポジティブな)アファメーションを唱えても、
うまくいかない人がいるのはなぜか?」
「どう唱えれば効果が出るのか?」
「アファメーションの効果が上がる仕組みとは?」など
“意識” と “アファメーション” の関係を追求していきました。

その結果、「効果の出るアファメーションの条件」
「個々人に最適化したアファメーションの作り方」などを導き出しました。
手前味噌ではありますが、日本のアファメーション研究において、
ここまで深く追求しているものはないのでは…と、自負しております。

アファメーションの作成・指導を、
講座やカウンセリングなど、随所に取り入れています。

問題解決・目標達成のための指導

瞑想に始まり、人間の「心」「意識」というものを研究してきました。

ご存じの方も多いと思いますが、意識には、
自覚できる「顕在意識」と、自覚されない「潜在意識(無意識)」とがあります。
顕在意識はよく氷山の一角に例えられるように、
意識のほとんどは、自覚されない無意識です。

問題はほとんどの場合、この「無意識の中にある考え方」から起きています。
しかし「無意識」ですから、自分で気づくのは難しい。

そこで、無意識の心の動きを見つめる「内観」を重視し、
指導やアドバイスを行っています。

心理学・コミュニケーション学・科学的な視点も取り入れ、
問題解決・目標達成のへの道筋を探ります。

<提供しているサービス>
◆ 瞑想・ゼロ思考メソッド 通学教室【大阪】
◆ 瞑想・ゼロ思考メソッド Web講座
◆ カウンセラー養成講座 【通学と通信あり】
◆ カウンセリング
◆ セミナー・講演(不定期)

情報発信

書籍・ブログなどを通して、
問題解決や目標達成の助けとなるよう、情報を発信しています。 >> 佐田弘幸ブログ

講座やカウンセリングなど、直接やりとりする場では、
最新のコンテンツをお伝えしています。

商品の販売

瞑想マシン「ボイジャー・エクセル」、
誘導瞑想CD、瞑想音楽CD、佐田弘幸の講演CDなど、
瞑想・リラクゼーションに役立つおすすめ商品や、
コンテンツの販売を行っています。 >> ショップ

エドガー・ケイシーの研究・普及

瞑想の研究から、催眠の歴史についても調べていくうち、
エドガー・ケイシーという人物を知りました。

ケイシーは「霊媒師」「チャネラー」「予言者」などと呼ばれた人です。
催眠状態に入ったケイシーに、病気について質問をすると、
その原因から対処法までを詳しく答え、
そのとおりの治療を施すと、みな治癒していったのです。

ケイシーには、催眠状態で自分が言ったことについての
記憶はありませんでした。
敬虔なキリスト教徒であった彼は、紆余曲折はありましたが、
自分の能力が人の役に立つならばと、
催眠状態における診察を行いました。

ケイシーは催眠中に質問に答えることを、
「膨大な書籍がならぶ図書館の中で、
質問の答えが書いてある書籍を、読み上げているイメージ」
と語ったことから、
その診断を「リーディング」と呼ぶようになりました。
図書館はイメージであり、
ケイシーは「アカシック・レコード」に
アクセスしていたと言われています。

ケイシーのリーディングは、病気などについての
「フィジカル・リーディング」がほとんどでした。
しかし彼の能力は、それに留まらないのではと考えた人が、
様々なことを質問しました。
すると輪廻転生や神など、
この世以外の世界についても答えたのです。
今で言う、スピリチュアリズムに近い内容です。

オカルトめいた、怪しい話だ…と思う方も
おられるでしょうか。

私は瞑想により、誰もが意識の奥深いところでつながっている
「神の世界」といえるものに触れた経験があります。
ケイシーの語る「神の世界」は、
決して信じがたいことではなく、
自分が体験し、感じた真実と一致していました。

今まで、論理的・心理学的アプローチで
事象を説明してきましたが、
それだけでは説明しきれない部分も出てきました。
そしてケイシーの語る「神」の概念を取り入れると、
ゼロ思考コンテンツが、私の中でさらに発展していきました。

近年はケイシーの考え方を全面的に取り入れ、
普及にも力を入れていこうと思うに至りました。

おわりに

簡単ではありますが、
佐田意識研究所の活動を、紹介いたしました。

「瞑想」「アファメーション」「意識」などについて、
どの派閥にも属さない自由な立場で研究し、
実践・指導、情報の発信などを行ってきました。

「解決したい問題・悩みがある」
「達成したい目標がある」
「自分を変えたい」…

そういう方々の一助となり、
みなさんの幸せに貢献できればと思っています。

ひいては「真の幸せとはなにか」をお伝えし、
世に「愛」と「調和」が広がっていくこと…
それが我々の願いであり、
使命として、活動していきたいと思っています。

佐田意識研究所
佐田弘幸